当サイトでは、多くの方が疑問を持っている老人ホームとデイサービス及び介護施設の違いを分かり易く説明し、そこで受けれるサービスの種類や、利用する際に気になる送迎の範囲等を詳しく紹介していきます。
またご両親や祖父母を施設に入所させる際に本人の同意が必要になるかや施設の年末年始の利用が可能なのか等も丁寧に説明していきますので、幸せな家族の形成には欠かせない情報になりますので知識の一つとして役立てて頂ければ幸いであります。

老人ホームとデイサービスの違い

老人ホームとデイサービスの違い 老人ホームは皆さんが利用する時に介護を受けながらそこで長く生活する事を想定した場合の施設を示しております。
ホームは家ですから正に家のようにそこで暮らすことを意味しているのであります。
デイサービスは日本語に直した通りに在宅介護を受けている方が、日帰りで老人ホーム等で入浴や食事や機能訓練等の様々な種類のサービスを受ける事を言いまして、介護施設は介護を受けながらリハビリを行い在宅復帰を目指す施設の事を言うのであります。
デイサービス利用時などの送迎の範囲は各施設によって違いますが、基本的には施設が自宅から認識できる位置にあればほぼ利用が可能と考えていい筈です。
また施設の入所に本人の同意が必要かどうかにつきましては認知症等が無ければ基本的にご本人様が同意しなければ施設側は受け入れないことが多いですし、年末年始のご利用については、大体の施設が一年を通して介護サービスを行ってくれています。

「老人ホーム」と「デイサービス」の違いとは?

「老人ホーム」と「デイサービス」の違いとは? 介護サービスの中でも「デイサービス」と「老人ホーム」の違いが良くわからないという方は多いのではないでしょうか。
そもそも介護サービスというものは、「居宅型」と「施設型」の2種類に分類することができます。
そしてその名の通り「居宅型」は自宅にいながらそのサービスを利用するものであり、主に訪問・日帰り・短期入所の3つが「3大居宅サービス」と言われています。
その内で日帰り介護にあたるのがいわゆる「デイサービス」になります。
一方でその名から想像容易化と思いますが「施設型」のものについては介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設の3種類が代表的な存在ではありますが、このうちの「介護老人福祉施設」にあたるのが「特別養護老人ホーム」のことであり、いわゆる一般的に「老人ホーム」と言われる存在です。
つまり、制度上の仕組みを言葉で説明するとその違いが分かりにくいかもしれませんが端的にその違いを説明するならば生活の拠点が自宅で週に数回日帰りで利用する介護サービスが「デイサービス」で施設入所し生活していくのが「老人ホーム」ということができます。
そのため、利用者の状況にあった選択をするのが良いと言えます。

東京の老人ホーム関連サイト

老人ホーム紹介 東京