老人ホームと介護施設の違い

老人ホームと介護施設の違い 老人ホームには民間型と公共型の、大きく分けて2つの種類があります。
民間型は入居する権利を購入して利用するものが多いので、比較的料金が高く設定されています。
食事サービスや掃除、洗濯など衣食住に関するサポートサービスがついているので、介護を受けなくても高齢になって生活が不便になったときの補助をしてくれます。
ただ人気があるため、利用をしたくても空きを待たなければならないところが多いです。
一方で、公共型の老人ホームは公的な介護施設になっているため特養老人ホームと呼ばれており、入居をするときは基本的に要介護3以上になっている必要があります。
食事や入浴など日常的な生活支援を受けることができますし、リハビリやレクリエーションといった介護サービスを介護保険料を使って利用することができます。
そのため介護施設を利用するときは費用の負担が少ないですし、健康を損ねて体が動かなくなり要介護認定が重度になった場合は、特別養護老人ホームを緊急度が高いと判断して利用できることがあります。

老人ホームには公的なものと民間型の2種類があります

老人ホームには公的なものと民間型の2種類があります 老人ホームには民間型のものと公的なものの大きく分けて2種類があります。
民間型の場合は、入居する権利を購入するシステムになっているところが多く、介護認定を受けていなくても毎日の生活を補助してもらうために利用する人もいあす。
そのため料金は比較的高く設定されていて、サービスを利用するときにはまとまった費用が必要になります。
一方で公的な老人ホームの場合には、基本的に介護認定が3以上の人でなければ受け入れてもらえないことになっています。
高齢者が多いことや介護を行うスタッフが足りないこと、また老人ホームの数が足りないことから、利用するためには介護認定が3以上にであることが基本になっています。
それでも空きが少ないため、利用するまでに待機することもありますし、家の近くに老人ホームがあったとしても順番によっては遠いところを利用しなければならないこともあります。
ただ認知症になっても受け入れてられますし、看取りもしてもらえますから安心感があるといえます。